FC2ブログ

リコネクション(R)・リコネクティブヒーリング(R)★SOLOLAブログ★

フリーライター&リコネクション・リコネクティブヒーリングのプラクティショナーである有喜が綴る「ちょこっとスピリチュアルな日常」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
旦那様がお土産に買ってきてくれた「可愛い笑い顔だったはずの」クマのパン。持って帰ってくる途中にかばんの中で「邪悪なクマ」に
変身してしまったようで

小ナマ「かなり怖いんですけど・・・」





さて今回は、先日一緒に池田山公園に出かけたお友だちのお話。
彼女は1月24日夜10時の生まれ、私はそれから2時間後の25日の午前0時の生まれ。
つまり、たった2時間しか生まれた時間が違わないのです。

そんな私たちが、1999年1月に通い始めた占い学校の、たった6人の西洋占星術の
クラスで、偶然出会いました。
これには先生も同級生たちもビックリ
だって、みんなの生年月日、生まれた時間・場所をもとに作成したホロスコープを題材に
授業が進められていくのですが、私と彼女は、通常の占星術で使う惑星(月・太陽・水星・
金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)がすべて同じ星座で度数も同じ
(月が2度ほど違うだけ)。
しかも惑星同士が取る角度(アスペクトと言います)も同じ。
占星術では、同じ日に生まれた人を「アストロ・ツイン」と呼ぶそうですが、私たちなんて、
筋金入りの一卵性双生児、といったところでしょうか。

唯一の違いは、生まれた時間が2時間違うので、ホロスコープの12のハウスが
1個ずつズレること。
たとえば私の太陽は3ハウスにありますが、彼女の太陽は4ハウス。
私の月は9ハウスだけれど、彼女の月は10ハウス。
お空を運行する幸運の星「木星」が私の3ハウス太陽の真反対に来るときは9ハウス、
彼女の4ハウス太陽の真反対に来るときは10ハウス。
この9ハウスと10ハウスの差が、二人の運命を大きく分けることになるのです

惑星それぞれの星座は「生まれ持った性質・傾向」を、惑星同士の角度(アスペクト)は
「それぞれの惑星がどんな組み合わせで動くか、その働きかた」などを表します。
つまり、彼女と私はそれが一緒ということ。
(だから、「たぶん、同じことを考えてるだろうな」と、一緒にいても、
とっても気が楽なのです

そしてハウスというのは、それぞれの惑星が活躍する舞台を表します。

そこで、同じ性質・傾向に、惑星同士の動かし方まで同じだけれど、
それが働く舞台が変わるとどうなるか。

二人のこれまでの人生で、大きな出来事や転機があった年代を比べてみると?

私が大学院に進学した年に、彼女は芝居の勉強をし始める。
私が教育関係の出版社に、大学院のゼミの先生のお誘いで就職した年、彼女は
芸能界で力のある方のお誘いで「ミス日本コンテスト」に出場し、なんとミス日本の栄冠を
獲得!
彼女が社会的地位のある方と結婚して第一子を出産した年、
私はフリーライターとして活動開始。

ハウスが違うだけで、こんなにも違う

大きな出来事や転機があった年は、私の場合は9ハウスに、彼女の場合は10ハウスに
発展・拡大・チャンスの星である木星や、責任・束縛・堅実の星である土星が来ていました。
9ハウスは海外や学術・研究・出版などを表すお部屋で、
一方10ハウスは地位・名誉・権力・人生の到達点などを表すお部屋。
ちなみに結婚や出産なども、それをきっかけに社会的に一人前と認められる
という考え方から、10ハウスが関わってくることが多いのです。

私が(いかにも9ハウス的な)大学院のゼミの先生に
「卒業したら、私が顧問をやっている会社で、一緒に仕事を手伝ってくれないか」
と嬉しいお誘いを受けて喜んでいた頃、
彼女は芸能界で権力を持つ方(いかにも10ハウス的!)から
「君、ミス日本に出てみないか」
と誘われていたわけですね。

そして、そんな二人が偶然に出会い、そして同じ年(去年)にリコネクションを受け、
セミナーに参加し、今、プラクティショナーとしての道を歩み始めた・・・。
おそらくその道も、同じ「リコネクション」に関わりながら、私と彼女では
違う路線を進んでいくのだろうなぁと思っています。
(きっと9ハウスと10ハウスの差、みたいな)

何か大きな出来事が起きたとき、すぐ彼女に連絡すると、
やっぱり何か大きな出来事が起きている。
(なんと、お互いの母親の癌発覚も、2ヶ月差でした!)

血もつながっていないし、いつもベタベタ一緒にいるわけじゃないけれど、
でも、どこかで「彼女とはいつでもつながっている」感覚がある――。

過去世では、本当に双子の姉妹だったりして!?
一度、観音寺りえ先生のところに彼女の写真を持って行って、見てもらおうかなぁ

みなさんも、生年月日が同じで生まれた時間も近い!という人に出会ったら、
これまでのお互いの人生を検証してみてはいかがでしょうか。
意外にも同じ年に、何かしらの大きなイベントを経験しているかもしれませんよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。