リコネクション(R)・リコネクティブヒーリング(R)★SOLOLAブログ★

フリーライター&リコネクション・リコネクティブヒーリングのプラクティショナーである有喜が綴る「ちょこっとスピリチュアルな日常」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大ナマとお花一ヶ月ちょっと前にリコネクションを受けてくださった方から、こんなメールをいただきました。
(今回のお話を載せるにあたり、ご本人の許可を戴いております)

いろいろなサイトでリコネクションを受けた方のご感想を読むと、みなさん、すごい変化を体験されているのに、今のところ私にはこれといった変化がありません。
リコネクションの効果として、「連絡をしようと思っていた相手にバッタリ出くわしたり、必要と思ったものが偶然手に入ったり、様々なタイミングが合うようになる」といったことも、いろいろな方が書いていらっしゃるのですが、私の場合は連絡をとりたい相手になかなか連絡がとれなかったり、いろいろな場面で「なんとなくタイミングが合わないなぁ」と感じています。
手のビリビリ感も、リコネクションを受けて一週間は仕事中にも突然ビリビリし始めて、「うわっ」といった感じだったのですが、最近は意識的にビリビリさせようと思ってもできなくなってしまったようで、宇宙とのつながりが弱まってしまったのではないかと、心配です・・・。


確かに、様々なリコネクション関連のHPには、劇的な変化を体験された方の体験談やご感想が並んでいます。
しかし、誰もが「劇的な変化」をされるかというと、そういうわけではないのですね。

「特別な変化は何もないけど」と思いながら日常を送っていて、2年後、3年後にふと、「そういえば、リコネクションを境に変わっていた!」ということに気づく人も少なくありません。
でも残念ながら、2年後、3年後には体験談やご感想を送ろうなんてすっかり忘れている人もほとんどで、結果的にリコネクションを受けてすぐに大きな変化を体験した人の体験談がズラリと並ぶ結果になってしまうのではないかしら。

私自身もHPに「ご感想」ページを設けているので偉そうには言えないのですが、他の方々の体験談やご感想は、あくまでも「ふーん、そういうこともあるのか」程度に受け止めて、ご自身にどんな変化があるかについては、あまり期待しすぎないことをおすすめします。

リコネクションによって私たちに起きることは、本当に人それぞれです。
しかも私たちの頭のレベルでは想像もできないようなことが起こります。
「タイミングが合うようになる」なんていうのも、宇宙の視点から見たら、針の穴みたいに小さなことに過ぎないのかもしれません。
「こうなったらいいな」「こういう風に効いてほしいな」といった期待が見事に裏切られて(?)、「ほぉ!そう来たか!」という意表を突くような変化が訪れることもあります。

けれど、リコネクションを受けて宇宙と「リコネクト(再結合)」されていると、
なぜか自分の中にドーンと落ち着いて構えている自分がいるのですね。

思うに、今世に生まれてくる前に、「今度の人生ではこういうことをしよう」と決めて来た
青写真を実現させるために、青写真からかなり外れた人生を送っているなら
それが正しい道へと引っ張り戻され、進度が遅れているなら加速させられる
――そのための変化なのだということを、魂レベルでちゃんとわかっているのでしょう。

だから、どんな変化が訪れても、どこかで「なぜかはわからないけれど、大丈夫」という、
根拠のない自信があって、自然にポジティブに変化の波に乗ることができるのです。
(私自身、リコネクションを受けて一番良かったと思うのは、この「根拠のない自信」を手に入れられたことだと思っています。)

もちろん、リコネクションは2回のセッションで54,333円と、けっして安いお値段ではありません。高いお金をかけるわけですから、その効果に期待してしまうのも当然です。

でも、「こうした効果があるはずだ」「こういう部分に効いてほしい」という具体的な期待に縛られてしまうと、自分で無意識にコントロールしようとして、求めているはずの宇宙からのメッセージに、逆に耳を閉ざしてしまうかもしれません。その結果、他の重要な変化が起きていることに気づかないかもしれないのです。

ポイントは、お金を払うときだけ期待して、後は期待を手放すこと。
リコネクションを受けたことすら、忘れてしまってかまいません。

メールを戴いた方には、こんな風にお返事をしました。

いったんリコネクションを受けたことを忘れてしまいましょう。そして「早く効果を得たい」という期待を捨てて、3ヶ月、半年、1年、3年、5年という長いスパンで全体性を持って見ていかれると、どこかで「あれ?変わってる」ということに気づかれるかもしれませんよ。
手のビリビリ感にも固執する必要はありません。すべての人にとって「手のビリビリ感」が「リコネクト(再結合)」の証、というわけではありません。これもまた、人それぞれ。
まずは「こうでなければ」「こうあるはずだ」という頭の中の考えをいったん静かにさせて、「自分の中の声」に耳を傾けてみてください。
すでに宇宙としっかり再結合されていますから、選択すべきもの、行なうべきこと、進むべき道――すべて宇宙を通じて、ご自身の魂がちゃんとわかっているのです。


その後「またビリビリが戻ってきました! まだ変化には気づきませんが、何も期待せず、有喜さんがおっしゃっていたように、折々に自分の中の声に耳を傾けつつ、日々を送ることにします」とのメールをいただきました。

「期待を手放して」と言っておきながら、私はみなさまにどんな変化が起きて、その方がどんな人生を歩んでいかれるのか、楽しみでしかたありません。数ヶ月後、数年後にご報告をいただけるのを、ワクワクしながら待っています
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。