リコネクション(R)・リコネクティブヒーリング(R)★SOLOLAブログ★

フリーライター&リコネクション・リコネクティブヒーリングのプラクティショナーである有喜が綴る「ちょこっとスピリチュアルな日常」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
凱旋門
4日より12日までお休みを頂き、
母と二人「南仏とパリ8日間の旅」に行ってまいりました。
(「もちろん僕も一緒だよ」
           by小ナマ)

母の食道癌の手術が去年の3月。
14時間半という病院始まって以来の大手術を終えたのに、ICUで麻酔から目を覚ましてから2日後には病院の廊下を走っていたという奇跡の回復ぶりを見せた母ですが、
やはり傷の痛みはかなりのものだったようで、ベッドの中でウンウンうなりながら、それでも「あ~、早くここから出て、フランスに旅行に行きたいわ~」と言っていたのでした。

おかげさまで抗がん剤治療も放射線治療もしないで済み、1ヵ月で退院。
その後1~2ヵ月おきの検診でも「問題なし」のお墨付きをいただき、
1年で確実に体力も回復。
母自身も自信をつけ、ついに念願かなって、
8日間のフランス旅行に行くことができたのでした

ニース⇒モナコ公国⇒エクス・アン・プロヴァンス⇒レ・ボー⇒アルル⇒アヴィニョンと
南仏をまわり、TGVでパリへ。

 
ポン・デュ・ガール













ツアー旅行なので、観光地でバスを降りては歩き、バスを降りては歩き。
ご一緒した方のつけていらした万歩計によると、なんと1日最高1万6千歩、
平均1日1万歩は歩いていました。
それでも余裕で観光している母・・・とても病み上がり(?)とは思えません
癌になる前よりもずっと元気そうに見えるのは、ひょっとしてリコネクションのおかげ?

積極的にフランス語も覚えて、「ボンジュール(こんにちは)」「メルシー(ありがとう)」
「シルブプレ(~をお願いします)」と「アン・ドゥ・トロワ(1,2,3)」は言えるようになった母。
母「ねぇねぇ、ぶつかったときとか、人ごみを縫って歩くときとかに言う『失礼します』は
なんて言うの?」
私「『パルドンpardon』だよ」
母「あ、覚えやすいわね」

その後ずっと、「タドン」「タドン」と言いながら市場の人ごみを歩いていた母でした(笑)。

ところで、日頃から「太りたい」と、世の女性たちから袋叩きに遭いそうなことを言っている母。
さすがに連日、昼・夜とも「前菜・メイン・デザート」のフレンチ料理を食べ続けていれば太っているだろうと、最終日のパリでホテルのお部屋にあった体重計に乗ってみると・・・?
「あぁぁ、痩せてる・・・いっぱい歩いたからかしら

母「あなたも痩せた?」
私「・・・」

南仏の太陽の下、昼からビールにワイン、夜もビールにワインじゃ、
痩せるわけがありませんっ!

でも、おかげさまで私も久しぶりにのんびりゆったり。
空を見上げる時間もたっぷりありました
羽のはえた天使っぽく見える雲があったので、パチリ

アルルの空













そして、私と母の今回の旅の一番の目的は、実はパリにあったのでした。
が、そのお話は次回に。

次は早めに更新します・・・



かたつむり




レ・ボーのオーベルジュ
『カブロ・ドール』のお庭で

小ナマ「早く早く、こっちに隠れて!
料理人さんに見つかったら、
エスカルゴにされちゃうんだって!」



スポンサーサイト
金勘定ナマお金にもしっかりしている小ナマ


「あの『広報部長の小ナマ』って何者?」とのご質問をいくつかいただきましたので、今日は小ナマ自ら、自己紹介をさせていただきます

小ナマは癒し系グッズなどを制作販売していらっしゃるほんやら堂出身の「なまけもの」族。その後、でっかい「大ナマ」や、さらにでっかい「ビックン」などもやってきて、着々と「なまけ」勢力を広げてきましたが、小ナマより前におねえさんのところに来ていたブタの「パムセ」族や、「かぴぱら」族も負けじと数を増やし、今ではおねえさんのおウチのソファは、こーんなことになっています。 
ご一同様




(有喜:おかげで私と旦那様は地べたに座ってテレビを観るはめに・・・革張りのソファなのにぃ。奮発したのにぃ)

 旅行が趣味の小ナマは、日本国内では有喜おねえさんの神参りに同行して、伊勢神宮にも出雲大社にも高千穂神社にも美保神社にも箱根神社にも戸隠神社にも厳島神社にも・・・その他いろいろな神社を詣でました。
 海外で訪れたのは、メキシコ、チュニジア、カンボジア、スペイン、ハワイ、シリア、ヨルダン、イスラエル、グアテマラ。大ナマのアラブ風のかぶりものはヨルダンのお土産。かなり気に入っている様子ですが、これをかぶって車の助手席に乗っていると、すれ違う人がギョッとした顔でガン見してます

 でも、おねえさんのパソコンが去年壊れてしまったせいで、旅行写真のデータはほとんどがパー だからちゃんとバックアップをとっておかなきゃダメだって言ったのに!
 (有喜:すみません) そしてわずかに残っていたのがこの2枚。

アンコールワットアンコールワット(カンボジア)

スペイン旅行トレド(スペイン)






 これからは写真データの管理も小ナマがしっかりやりますので、みなさまに旅の写真もお見せできると思います♪

 小ナマや小パムばかりか、時にはでっかい大ナマや大パムも連れて出かける有喜おねえさん。当たり前のようにぼくたちとしゃべっている姿は、はたから見るとかなりスピリチュアル いえいえ、ただの怪しい人です  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。