FC2ブログ

リコネクション(R)・リコネクティブヒーリング(R)★SOLOLAブログ★

フリーライター&リコネクション・リコネクティブヒーリングのプラクティショナーである有喜が綴る「ちょこっとスピリチュアルな日常」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
米国リコネクション本部の公認試験に合格いたしました! 
これから1年間、今までの「認定プラクティショナー」よりワンランク上の
「米国本部公認プラクティショナー」を名乗ることができます。

これまでセッションを受けてくださった皆様、応援してくださった皆様のおかげと、
心より感謝しております。

そして宇宙のサポートにも感謝です!

実は、本部が定める受験資格に、あと1セッションだけ、
リコネクションのセッション数が足りなかった私。
申込み締切ギリギリまで待って、それでも足りなかったら、
「まだ公認試験を受けるタイミングではないのだ」という
宇宙からのメッセージなのだろうと思っていましたところ、
なんと締切直前にリコネクションのお申込みが!

宇宙って、なんて粋なはからいをしてくれるのでしょうか!
おかげさまで、「よし!宇宙からの後押しもあるんだから!」と、
自信を持って試験に臨むことができたのです。

さてここで、「公認プラクティショナー」って、今までと何が違うの?と
疑問に思われた方のために、ちょっとご説明を。

認定プラクティショナーというのは、リコネクティブ・ヒーリング(レベルⅠ/Ⅱ)、
リコネクション(レベルⅢ)のセミナー修了者のこと。最後の実技試験にパスすれば、
誰でも認定プラクティショナーとして、セッションを提供することができます。
(正確な人数はわかりませんが、現在日本に3000~4000人ほどいるのではないか、
と言われています)

これに対して公認プラクティショナーとは、レベルⅢセミナーを修了し、
「リコネクション」のセッション提供経験を重ねた後、リコネクション米国本部が
開催する「リコネクション公認プラクティショナー試験」において、
リコネクション(リコネクティブ・ヒーリングを含む)全般に関する知識と実技が
規定のレベルを満たしていると認められたプラクティショナーです。
(こちらも正確な人数は公表されておりませんが、これまで公認試験に合格した
プラクティショナーは、日本に30~40人いると言われています)

公認試験を受けたのは12月2日木曜日。

試験前には、日本人TA(ティーチングアシスタント)の佐藤文香さんのところで
メンタリングを受け、「リコネクション哲学」をきちんと理解できているか、
クライアント様にわかりやすく説明できるか、そして正確なセッションができているか、
改めて確認してもらいました。

試験内容は、実技試験の他に、筆記試験と口頭試問。
どんな問題が出題されるかわかりませんから、あらゆる場合を想定して
準備をしなければいけません。鉛筆で答案用紙に記入するという体験すら、
もう十年以上はやっていないような・・・。
いやいや、久しぶりに頭をみっちりと使った気がします。

そして9日夜、嬉しい「合格通知」が届きました!

もちろん、認定プラクティショナーからセッションを受けるより、
公認プラクティショナーから受けたほうが、レベルが高いセッションが
受けられるのかというと、決して、そういうわけではありません。

純粋にリコネクティブ・ヒーリング、リコネクションを扱い、
公正な対価の交換をしていれば、TAも公認プラクティショナーも
認定プラクティショナーもみな、エリック・パール氏と同等のヒーリングができると、
エリック氏本人も言っています。

私自身は、何らかのご縁がある方が、私のところにいらしてくださるのではないかと、
思っておりますが、みなさんも、「なんだか気になる方」「なぜかその方のHPに辿り着いた」
「この方に受けたいと思った」--そんなプラクティショナーさんにセッションを
受けられるのが、一番良いと思います。

私もこれからは、今まで以上に真摯な気持ちで、
リコネクティブ・ヒーリング、リコネクションのセッションを
提供してまいります。

ご縁のあります方、お待ちしております
スポンサーサイト
アルパカさんと
先々週の土曜日、仲間5人で、栃木県・那須までドライブ

那須アルパカファームにも
行ってきました!

広大な敷地の中には約400頭もの
アルパカが暮らしています。
化学メーカー『クラレ』のCMで、
女優の成海璃子さんと共演している
“クラレちゃん”も、ここのアルパカ
なのだとか。

大人のアルパカたちはみんな、
夏の暑さ対策に毛を刈られていて、
「ん?ホントにアルパカ?」状態(笑)。

よく見ると、「アート・パカ」と称して、いろんな形に毛を残して刈られているアルパカも!

これなんて、温泉マークじゃない
うーん、スタッフさんたち、遊んでるなぁ(笑)。

温泉マーク!?













ところでこの日帰り旅行は、書かなきゃいけない原稿を抱えてのお出かけでした。
これ、今までだったら絶対に「えーっ、行きたいけど、仕事があるから・・・」と断っていたはず。

フリーライター歴11年になりますが、いまだにパソコンの真っ白な画面を前にすると
「もし締め切りまでに書きあげられなかったら、どうしよう」と、すごく怖くなります。
これまで、締め切りまでに仕上がらなかったことなんて一度もないのに、
なんとか形になるまでは不安で不安で、「とても遊びになんて行く余裕はない!」って
感じなのですね。
というわけで、お誘いもすべてお断りして、家から一歩も出ずに、パジャマ姿のまま、
ひたすら執筆。
すると意外に早くにまとまっちゃったりして、
「だったら、遊びに行っておいても大丈夫だったかな」
と思っても、後の祭り--そんなことをずっと繰り返してきました。

土日祭日はたいてい家にこもっているので、年末に一年を振り返ってみても、
「なんか、ずーと一人で家にいたよなぁ」という印象しかない・・・。

ところが、リコネクションを受けてから少しずつ、何かが変わり始めたようで・・・

真っ白な画面を前にしての怖さはあいかわらずですが、原稿が片付いていないときでも、
旦那様にお出かけに誘われたり、友だちに遊びに誘われたりすると、行けるように
なったのです!

もちろん頭は「ダメだよ、仕事が片付いていないんだから」と警告を発しているのですが、
私の中の別な声(?)が、お腹か胸のあたりから、「大丈夫。行っておいで」って聞こえてくる。「仕事も大事かもしれないけど、旦那様や友だちと過ごす時間も、この人生の中で同じぐらい大事だよ。その時その時一緒に過ごす体験をしておかないと、後悔するよ」って。

しかも、自分の中にしっかりと「大丈夫。原稿はうまいこと、締め切りまでにはできる」っていう自信がある。例の「根拠のない自信」です。(もちろん、本当に切羽詰まった状態のときは、
心の声もGOサインは出してくれないので、その点、安心なのです)。

これは、自分でも本当に不思議な感じ。

リコネクティブ・ヒーリングの目的はバランスをとること。
肉体レベル、精神レベル、感情レベル、魂レベルすべてにおいて、バランスがとれていなくて、楽じゃない状態(dis-ease)になっているところに届いて、バランスのとれた状態に
戻してくれると言われています。

確かに、「仕事、仕事」に比重を置きすぎて、仕事以外の体験や気分転換の時間を自分に
許していないのって、決して「楽な状態(ease)」とは言えません。しかしこれまで、
自分が「楽じゃない状態」だったなんて、気が付きもしなかった!

それが、いつの間にやら、バランスのとれた状態になっていたのですね。

リコネクションもリコネクティブ・ヒーリングも同じ「リコネクティブ周波数」を使って行なうので、
バランスをとっていくという効果は一緒。
私がリコネクションを受けたのは今から1年半ですが、受けたとたんにこうした変化が起きたわけではありませんでした。
はっきりと「あれ?」って気づいたのは、今年の2月ぐらい?

リコネクティブ・ヒーリングやリコネクションを受けてすぐ、奇跡のような変化を
体験される方も、もちろんいます。
でも、1ヵ月、半年、1年、3年、5年と、時間をかえて少しずつ少しずつ、
全体的なバランスが整えられていく方もたくさんいるんですね。
どうやら、私も後者の仲間。

1年半かけて、徐々にバランスがとれてきたのか、「ずいぶん生きるのが楽になったなぁ」と
感じる今日このごろ。ひょっとしたら、バランスがとれて「楽な状態」に変わったものの、
そのことに自分で気付いていない部分も、まだまだあるかもしれません。

「リコネクティブ・ヒーリングを受けたけど、リコネクションを受けたけど、
みんなが体験談に書いているような劇的な変化は起きていないんだけど?」と不安を感じて
いらっしゃる方も時々いらっしゃいますが、心配はいりません。

その方その方に必要な形で、必要なだけの時間をかけて、必要なところから、
たとえ少しずつでも変化は起きているのです。

「同じような状況になって、前にはこんな反応をしてしまっていたけれど、
あれ? あんな反応はしなくなってるぞ?」
そんな変化は起きていませんか?

ちょっと気をつけて、自分の感情の動きや反応を観察してみてください。
思わぬ変化に気がつくかもしれませんよ
ぶどうの木と小ナマ私がリコネクションを受けたのが去年の2月。そして4月のセミナーを受け、5月に友人知人に「リコネクティブ・ヒーリングができるようになりました♪」とお知らせをしたところ、最初に受けてくれたのが占い仲間たち。

本能的に感ずるところがあったのか、それほど大した説明もしていないうちに、「私には今、それが必要な気がするから」「受けておいたほうがいい気がするんだよね」と、来てくれたのでした。

彼女たちがリコネクティブ・ヒーリングを受けてから、8、9ヶ月経つでしょうか。
私自身、昨年は母の入院・手術、祖母の死、ライター業の合間をぬっての自分自身のサロンとレンタルサロンをオープンするための準備などでてんやわんやで、彼女たちにどんなヒーリングが起こったのかなど、気にする余裕もありませんでした。

そしてつい先日のこと。
占い仲間で、たった一人だけ、ヒーリングにはまるで興味がない様子だったKさんが、面白い「観察&分析メール」を送ってきてくれたのです。

かなり興味深い内容でしたので、彼女の了承を得て、以下に紹介させていただきますね。


さて、いろいろと皆さんのその後をこっそり観察しているわけですが、
最初はちょっと戸惑うこともあったわけです。

というのも、このヒーリングやリコネクションを受けた後に、
結構、その本人にとって、課題になっていた出来事が具体的に
起こっているように思ったんですよね。

たとえば、
有喜さんはお母さんの入院・手術、
Sさんは、お家の売買、
Iさんは、お仕事の問題、
Nさんは、実家の薬局の閉店
などなど、具体的に何か、それも結構早くに展開しているような。

となると、ヒーリングを受けることで、表面化する速度も速まるわけで、
これってどうなんだろう・・・と。

で、もしかすると、表面化しないまま、こうした問題が先送りされるうちに
うやむやになったりはしないのだろうか・・・とも考えたんだけど、
よくよくそれぞれの出来事を考えてみると、
やっぱり遅かれ早かれ、このような展開になったと思われることばかりで、
しかもなにより、そのことへの対応に意外にみんな落ち着いている。

年齢を重ねて、それぞれみんな落ち着いてきたこともあるとは思うけれど、
やっぱり良かったようにも思うわけで・・・。
ならば、受けてみてもいいのではないかと思ってきたわけです。



振り返ってみれば、確かに彼女の言うとおり、それぞれヒーリングを受けた後から問題が勃発したり、急展開したりしていたのです!
しかも、そういえばみんな落ち着いて、どこか「当然起こるべきことだったから」みたいな感じで対処していたなぁ、というのも、考えてみれば不思議なこと。

だって、Sさんは旦那様の兄弟間の相続問題で、長年住んでいた家を手放さなくなるかもしれなくなり、Iさんは会社社長の理不尽さに意見したことで転職を考えざるを得ない状況に陥り、Nさんも実家からの収入のあてがなくなることで別な道で生きていかざるを得なくなり――と、以前だったらもっとジタバタ大騒ぎしていたような、大変なできごとだったわけです。
でも、みんなが口をそろえて言うには、
「なんか、自分のこととか周りのこととかを、すごく客観的に見ている自分がもう一人いて、感情的にならずに、冷静に先を見通せたような気がする」。

リコネクティブ・ヒーリングの目的は「バランスをとること」で、リコネクションは「人生を加速させる」と言われていますが、どちらも同じリコネクティブ周波数を使うものですから、ヒーリングによって人生が加速するということだって、当然あるはず。

実際、SさんもIさんもNさんも、それぞれの問題が表面化したことで、否応なく動かざるを得なくなり、その結果、はたから見ると、その人らしい生き方路線に最短距離で戻されたような感じがするのです。

今回の観察&分析メールをくれたKさんはプロの占い師。
彼女がたくさんのクライアントさんたちを鑑定して感じてきたのは、「最後の最後は、その人本人の意識をどう変えるかで、そこが難しい」といいます。
「占いで視て、いくら『あなたにはこういう方向が向いていますよ』『動くなら、時期はいつごろがいいですよ』『あなたにはこういう行動傾向があるから、それを少し改めると、人間関係が変わってきますよ』と伝えたとしても、なかなか本人の意識を変えて、行動するまでにはいかない。生まれてから今までの長い間に身についてしまった考え癖や行動癖は、そう簡単には修正がきかないんだよね」
そこで彼女は「ひょっとしたら、リコネクティブ・ヒーリングによって、その人自身ではなかなか変えられない部分が変えられるようになるのではないか」と考えたらしいのです。

そういえば、私の高校時代からの友人で、お料理やお裁縫がとっても上手な女性がいて、ずいぶん前から仲良し友だちみんなで口ぐちに、「自宅でお料理教室を開きなよ!」「手作りグッズのネットショップをやればいいのに!」とあおっていたのですが、当人は「私なんて・・・」と動かず
ホロスコープで見ても、主婦的才能を特化して職業にできるだけの能力を持っているし、逆にエネルギーを仕事として表出したほうが家族内のエネルギーバランスがうまくいく、といった結果が出ていたので、もちろん当人に伝えてはいたのですが、やはり動かず
ところが彼女がリコネクティブ・ヒーリングを受けて2ヶ月後ぐらい、すごく自然な感じで、彼女が手作りバッグのお店をやりたいと、動き始めたのです
当人はもちろん私も、それがヒーリング効果だとは思ってもいませんでしたが、今回のKさんのメールを読んで、「ひょっとして、あれもヒーリング効果?」と気づいたんですね。

そもそも彼女がヒーリングを受けようと思ったのは、「家族に対して、つい自分の感情をぶつけてしまうことがあって、どうにかしたい」という理由からでした。
それが手作りバッグのお店を立ち上げるための準備に忙しくなり、幸い、口コミであちこちから注文が入るようになり、「そういえば、最近の私は感情的に落ち着いているよ!」とのこと。

リコネクティブ・ヒーリングは私たちの期待を超えた効果をもたらしてくれる。
宇宙って、本当に粋なはからいをしてくれるものですね

メールのKさんご自身も、ヒーリングを受けることに決めたそうです。
さてさて、どんな変化が起こるでしょうか?

今度は私のほうがしっかり観察しなくちゃ
大ナマとお花一ヶ月ちょっと前にリコネクションを受けてくださった方から、こんなメールをいただきました。
(今回のお話を載せるにあたり、ご本人の許可を戴いております)

いろいろなサイトでリコネクションを受けた方のご感想を読むと、みなさん、すごい変化を体験されているのに、今のところ私にはこれといった変化がありません。
リコネクションの効果として、「連絡をしようと思っていた相手にバッタリ出くわしたり、必要と思ったものが偶然手に入ったり、様々なタイミングが合うようになる」といったことも、いろいろな方が書いていらっしゃるのですが、私の場合は連絡をとりたい相手になかなか連絡がとれなかったり、いろいろな場面で「なんとなくタイミングが合わないなぁ」と感じています。
手のビリビリ感も、リコネクションを受けて一週間は仕事中にも突然ビリビリし始めて、「うわっ」といった感じだったのですが、最近は意識的にビリビリさせようと思ってもできなくなってしまったようで、宇宙とのつながりが弱まってしまったのではないかと、心配です・・・。


確かに、様々なリコネクション関連のHPには、劇的な変化を体験された方の体験談やご感想が並んでいます。
しかし、誰もが「劇的な変化」をされるかというと、そういうわけではないのですね。

「特別な変化は何もないけど」と思いながら日常を送っていて、2年後、3年後にふと、「そういえば、リコネクションを境に変わっていた!」ということに気づく人も少なくありません。
でも残念ながら、2年後、3年後には体験談やご感想を送ろうなんてすっかり忘れている人もほとんどで、結果的にリコネクションを受けてすぐに大きな変化を体験した人の体験談がズラリと並ぶ結果になってしまうのではないかしら。

私自身もHPに「ご感想」ページを設けているので偉そうには言えないのですが、他の方々の体験談やご感想は、あくまでも「ふーん、そういうこともあるのか」程度に受け止めて、ご自身にどんな変化があるかについては、あまり期待しすぎないことをおすすめします。

リコネクションによって私たちに起きることは、本当に人それぞれです。
しかも私たちの頭のレベルでは想像もできないようなことが起こります。
「タイミングが合うようになる」なんていうのも、宇宙の視点から見たら、針の穴みたいに小さなことに過ぎないのかもしれません。
「こうなったらいいな」「こういう風に効いてほしいな」といった期待が見事に裏切られて(?)、「ほぉ!そう来たか!」という意表を突くような変化が訪れることもあります。

けれど、リコネクションを受けて宇宙と「リコネクト(再結合)」されていると、
なぜか自分の中にドーンと落ち着いて構えている自分がいるのですね。

思うに、今世に生まれてくる前に、「今度の人生ではこういうことをしよう」と決めて来た
青写真を実現させるために、青写真からかなり外れた人生を送っているなら
それが正しい道へと引っ張り戻され、進度が遅れているなら加速させられる
――そのための変化なのだということを、魂レベルでちゃんとわかっているのでしょう。

だから、どんな変化が訪れても、どこかで「なぜかはわからないけれど、大丈夫」という、
根拠のない自信があって、自然にポジティブに変化の波に乗ることができるのです。
(私自身、リコネクションを受けて一番良かったと思うのは、この「根拠のない自信」を手に入れられたことだと思っています。)

もちろん、リコネクションは2回のセッションで54,333円と、けっして安いお値段ではありません。高いお金をかけるわけですから、その効果に期待してしまうのも当然です。

でも、「こうした効果があるはずだ」「こういう部分に効いてほしい」という具体的な期待に縛られてしまうと、自分で無意識にコントロールしようとして、求めているはずの宇宙からのメッセージに、逆に耳を閉ざしてしまうかもしれません。その結果、他の重要な変化が起きていることに気づかないかもしれないのです。

ポイントは、お金を払うときだけ期待して、後は期待を手放すこと。
リコネクションを受けたことすら、忘れてしまってかまいません。

メールを戴いた方には、こんな風にお返事をしました。

いったんリコネクションを受けたことを忘れてしまいましょう。そして「早く効果を得たい」という期待を捨てて、3ヶ月、半年、1年、3年、5年という長いスパンで全体性を持って見ていかれると、どこかで「あれ?変わってる」ということに気づかれるかもしれませんよ。
手のビリビリ感にも固執する必要はありません。すべての人にとって「手のビリビリ感」が「リコネクト(再結合)」の証、というわけではありません。これもまた、人それぞれ。
まずは「こうでなければ」「こうあるはずだ」という頭の中の考えをいったん静かにさせて、「自分の中の声」に耳を傾けてみてください。
すでに宇宙としっかり再結合されていますから、選択すべきもの、行なうべきこと、進むべき道――すべて宇宙を通じて、ご自身の魂がちゃんとわかっているのです。


その後「またビリビリが戻ってきました! まだ変化には気づきませんが、何も期待せず、有喜さんがおっしゃっていたように、折々に自分の中の声に耳を傾けつつ、日々を送ることにします」とのメールをいただきました。

「期待を手放して」と言っておきながら、私はみなさまにどんな変化が起きて、その方がどんな人生を歩んでいかれるのか、楽しみでしかたありません。数ヶ月後、数年後にご報告をいただけるのを、ワクワクしながら待っています

以前リコネクティブ・ヒーリングを受けてくださったお客様が、今回リコネクションを受けてくださることになりましたキラキラ

一生に一度きりのリコネクションをご縁があって私から受けてくださるということは、毎回すごく責任を感じるのですが、同時にワクワクドキドキ楽しみで、まるで遠足前の小学生のように、前の晩から興奮して、なかなか寝つけないのです(笑)。

そうして1日目のリコネクション・セッションは無事に終わりましたが、
お客様が開口一番、
「寒くて寒くて。早く終わらないかなぁと思ってました。北海道の冬ぐらい寒かったですゆきだるま

確かに、セッションの最中にお客様の体に近づく瞬間があると、
どこからか冷たい風がピューっと吹いているような、
冷凍庫の中に上半身を突っ込んでしまったような、
ひんやりとした感覚があったので、不思議だなぁと思っていたのでした。
私自身は暑くて仕方がなかったのに、お客様の体の周り10センチぐらいを寒い空気が包んでいる感じ・・・。

リコネクティブ・ヒーリングもリコネクションも、みなさま、さまざまな感じ方をなさいます。
私の母も歯がガチガチと合わないほど寒がっていましたし、それほどではなくても「冷たい風が吹いてきた」と感想をおっしゃる方が結構いらっしゃる一方、「暑くて暑くて」と額に汗をかかれていらっしゃる方もいるのですね。
ホント、不思議?です。

明日がリコネクション2日目。
大量の毛布もご用意いたしましたので、これでなんとか寒さをしのいで頂けると良いのですがjumee☆faceA78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。