リコネクション(R)・リコネクティブヒーリング(R)★SOLOLAブログ★

フリーライター&リコネクション・リコネクティブヒーリングのプラクティショナーである有喜が綴る「ちょこっとスピリチュアルな日常」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お掃除ロボ
お掃除ロボット「ルンバ」の初運転を
監督中の大ナマ















清水寺の舞台から飛び降りるような気持ちで(今なら、「スカイツリー」のてっぺんから
飛び降りるような気持ちで!?)、お掃除ロボット「ルンバ」を購入しました!

Dinosの通販で、一番安くても定価48,800円・・・思いきるまで、かなりの時間が経過。

でも、「床のホコリが気になるけど、締め切り間近で、とても掃除機なんて
かけていられないっ!」というときに、足の下をスイスイとロボがお掃除していて
くれたら、どんなに気持ちが楽になるだろう・・・と、大奮発したのです!

旦那様は、いくらホコリがウロウロしていようと、嘘かホントか
「目が悪いから、床のホコリなんて見えないしね」と、決して「掃除しろよ」と
言わないのが、なによりありがたいところ。水回り以外の掃除は私の分担なので、
そこを旦那様に掃除してもらってしまっても逆にストレスになるし、これまでは、
見て見ぬフリをしてもらうのが一番楽だったのですが、ホコリがウロウロしている
お部屋では、やはり衛生的によくないですしね。

と、このブログを書いている今も、ルンバ君は快調に廊下&トイレ&洗面所を
掃除してくれています。

一回の運転で、所要時間は1時間ほど。
まずは床に置いてあるものをテーブルの上や棚の上などにあげて、
椅子と椅子の間、椅子とテーブルの間も、ちょうどルンバが通れるぐらいの
間隔を開けて、お掃除スタート。

ずーっと付いてまわって観察していましたが(笑)、同じ場所を様々な角度から
何回も通って掃除してくれるので、我が家の間取りの場合、95%はちり、ごみ、
ほこり、髪の毛などを取ってくれたように思います。
(残りの5%については、次回から、最初にルンバ君が通りやすいところに
ホコリやごみをかき出しておけば、大丈夫でしょう)

いやぁ、絨毯との段差も、オーディオスピーカーのコードも、
余裕で乗り越えるし、すごいすごい

ちなみに「お掃除が終わったら、勝手にホームベースに帰ってきて充電する」
というホームベース付きのものにも惹かれましたが、その分高いし、口コミに
「段差などで引っかかっていると、ホームベースに帰りつけずに電源切れになって
いることのほうが多いです」といったコメントが多かったので、悩んだ末、
ホームベース無しを選択。

我が家の場合、私が在宅中にお掃除してもらうことがほとんどなので、
これで十分です!

ホコリを気にせずにお仕事に専念できるなんて、とってもしあわせ

さて、お掃除はルンバ君に任せて、
もうひと踏ん張り、原稿を書き上げてしまいましょうか
スポンサーサイト
今日は、先日「国民的美魔女ファイナリスト」としてご紹介しました占い仲間・川島真紀さんの
新刊本『夢をかなえる月の魔法』(WAVE出版)のご紹介を。

川島真紀さんと













満月に合わせて開催された出版記念パーティでは、久しぶりに占い仲間が集まりました。
(満月ゆえ、ドレスコードは「黄色かゴールドのものを身につけていること」)


「新月に物事をスタートさせると実を結ぶ」「満月の夜に月光の下で空っぽにしたお財布を3回振ると臨時収入がある」など、新月・満月に関する情報は巷にもずいぶん広まってきたように思いますが、この本ではなんと月の満ち欠け28夜すべてに対して、運気アップのための「Happy moon lesson」が書かれているのです!

ちなみにこのブログを書いている今(11月5日)は28夜。
10月8日に新月として生まれた月のサイクルの最終日。

さてさて、28夜にはどんなことをすればよいのでしょう。

     最後の日の今日は、自分の中にたまった垢をすべて落とし、
    新たな気持ちで新しい月を迎えます。
     落とすことにかけては一番効果があるとされる日ですから、
    ディープクレンジングや古い角質を落とすピーリングをしたり、
    深い部分から浄化し再生するケアも効果的です。
              (中略)
     とにかく自分の中を空っぽにする日ですから、
    夜の食事を野菜スープだけにしたりフルーツだけで過ごしたりと、
    プチ断食をするのもよいでしょう。
                 (『夢をかなえる月の魔法』より抜粋)


(し、しまった・・・。すでにがっつりと夕飯を食べてしまいました・・・。
 せめてピーリングだけはしっかりしようっと。)

「Happy moon lesson」の他にも、月星座別のツキを呼び込むポイントや、
「月ごはんレシピ」など、思わず「一冊の本に盛り込みすぎだよぉ!」と
言ってしまったぐらい、盛りだくさんの内容です。



占星術では「女性性」を表す月ですが、女性だけでなく男性にとっても、
月はプライベートの顔を表すもの。
忙しい毎日の中では、夜空に浮かんでいる月を見上げることもなかなか
無いかと思いますが、月の満ち欠けを意識して過ごすことで本当の自分を
取り戻す時間が作りやすくなるかもしれませんね!

明日11月6日は新月。
明日から、月を意識した生活、始めてみませんか?


さてさて、出版後もますます忙しく活躍している川島真紀さんが、昨日、私のサロン「SOLOLA」にリコネクティブ・ヒーリングを受けに来てくれました♪

川島真紀さんと私






2年前にリコネクション済みの川島さんですが、「11月27日の美魔女コンテスト
最終選考会の前に、リコネクティブ・
ヒーリングを受けておきたくなった」
のだそう。

川島さんからのオススメで
リコネクションを受けた私。
なんだか「恩返し」ができたみたいで、
嬉しかったです。

「国民的美魔女コンテスト」も終盤戦。
期間中の総獲得ポイント数と、最終審査時の審査員のポイントでグランプリが決定する
そうですので、よろしければぜひ、川島真紀さんにご投票を!
11月26日午前0時まで、投票はお一人様1日1度できますよ
いけちゃんとナマ









大ナマ「いけちゃんて、ナマに似てない?」

映画『いけちゃんとぼく』を見て、号泣しました・・・。
2009年公開の映画だから、かなり遅れているのだけれど(苦笑)。

西原理恵子さんが初めて描いた絵本を映画化したこの作品。
フジテレビ系の番組「ザ・ベストハウス123」で「絶対泣ける本」第1位に選ばれた
ぐらいだから、泣けるのは当然なのかもしれないけれど、もう嗚咽は出るわ、
鼻水は出てくるわ、翌日も「いけちゃん」と思い出しただけで、電車の中でも
歩いていてもお皿を洗っていても、涙がポロポロこぼれてくるという、かなりの重症。

原作も読んでみたい!と、絵本を買って読んでみたら、これまた号泣。
何回読んでも、最後のほうでポロポロと大粒の涙がこぼれてくるので、最近は近くに
タオルを用意して読んでいる始末。

「その映画、知らない」「絵本も読んだことがない」という方のために、
ネタばれしない程度に内容のご紹介を。

「いけちゃん」は不思議ないきもの。
いつの頃からか、いつもヨシオのそばにいる。山登りや虫取りにもついてきてくれる
「いけちゃん」は、ヨシオにしか見えないし、色も形も変幻自在。
お父さんが死んだときも、イジメっこにいじめられたときも、
いつもそばで見守っていてくれた。
ヨシオが大人に成長するにつれ、だんだん見えなくなっていく「いけちゃん」だが、
実はその正体は・・・

    『いけちゃんとぼく』公式ホームページIntroductionより。

ところで、ポロポロオイオイと泣きながら、「どうしてこんなに涙が出てくるんだろう」と考えるのだけれど、どうも理由がわからない。
「悲しく」もあり「哀しく」もあり「寂しく」もあり「切なく」もあり
「どうにもならないのだ」という「あきらめ」のようなものもあり、
どこか胸の奥のほうに、記憶の遠くのほうに、同じような体験をしたことが
あるような感覚がある。しかもその体験には旦那様が関わっているような気がする
(現実には全然、そんな経験はないのだけれど)。

私自身が「いけちゃん」の立場だったのか、それとも「ヨシオ」の立場だったのか――

絵本『いけちゃんとぼく』の中に、
ヨシオが、自分がおじいさんになって死ぬときの夢を見る場面がある。

  死んだけしきをみて
  思い出した。

  ぼくは
  自分で
  ちゃんときめて
  うまれて

  自分で
  ちゃんときめて
  死んでいる。

  何回も何回も
  たのしんでいる。


「生まれ変わったら、またいつか会える」とわかっていても、
今一緒にいられる時間が突然断ち切られることのつらさは変わらない。
次に会えるのが、何年、何十年、何百年後なのかわからないという不安もある。

だから「なんとかしてよぉ」と神様(?)にダダをこねたことがあるような・・・

「どんな姿でもいいから、相手に見えなくてもいいから、そばにいる」道を
選んだことがあるような・・・

過去世が視える観音寺りえ先生の鑑定によれば、私も旦那様も、
何回も何十回も何百回も生まれ変わっている。
そして出会う人生もあれば、出会わない人生も同じぐらいあって、
今回は久しぶりの「出会う人生」だった。

ちなみに、直前の「出会った人生」は1800年代後半のイギリス・ロンドン近郊。
私が父親で、旦那様は私の息子(長男)。
彼は、医学系の研究所で薬の研究をしていた私と同じ道に進み、基礎研究部門で
仕事を手伝ってくれていたらしい。

さらにその前は(もちろん間には、観音寺先生にまだ見てもらっていない、
「出会った過去世」があるのかもしれないけれど)、
1600年代のイタリア・フィレンツェ近郊。私は長男で、旦那様は10数歳年下の妹。
生まれつき心臓が悪く、喘息も患っていた妹の病気を治そうと、
熱心に薬の研究をしたが、何らかの成果を出す前に、妹は亡くなってしまった・・・。

1500年代後半のイギリス・ロンドン近郊では、私が女性、
旦那様が20歳ぐらい年上の男性で夫婦になっている。
あちこち旅行に出かけていたが、どこかで水難事故にあって、二人一緒に死亡。

と、こんな感じで、「アトランティス大陸時代」にまでさかのぼってしまうのだけれど、
ひょっとしたら、その生まれ変わりの旅の途中で、「いけちゃん」みたいになって、
別な人生を生きる旦那様を見守っていたことがあったのかも。

 あくまでも、気のせい、ですが・・・(苦笑)。

でも、日ごろ一緒にいることを当然のように感じてしまっている旦那様とも、
いつかはまたお別れしなければいけない。
そのときには、自分が先に逝くのであれ、後に残されるのであれ、きっとあの
「悲しく」もあり「哀しく」もあり「寂しく」もあり「切なく」もあり
「どうにもならないのだ」という「あきらめ」のような気持ちになるのだろうなぁ。

小ナマ「ねぇねぇ、そんな風に思うんだったら、
    一緒にいられる今をもっと大事にしたら?
    ちょっとしたことでむくれて口をきかないなんてこと、
    やってる場合じゃないと思うけど」


有喜「ごもっとも・・・」

というわけで、今回のオススメは『いけちゃんとぼく』。

私はどうやら過去世とのつながり、みたいなところでツボにはまったようですが、
男の子の母親である友人は、ヨシオを見守る「いけちゃん」を、
息子を見守る母親としての自分に重ねてグッときたと言っていたので、
人によってグッとくるツボは様々なのだと思います。

みなさんにとってこの作品、いったいどのツボにはまるでしょうか?



  
川島真紀さん占い仲間の川島真紀さんが、
雑誌『美STORY』主催の
国民的『美魔女』コンテスト」の
ファイナリスト20人に残りました

オフィシャルサイトでファイナリストの
皆様の写真を拝見しましたが、
そのレベルの高さにビックリ
35歳以上がエントリー条件だそうで、
私と同い年の方も、
私より年上の方もいらっしゃる。
同じ40代として、
負けてはいられませんっ!!

小ナマ「もしもし?同じ土俵にも乗れないと思いますけど・・・

小ナマはさておき、ここでちょっと西洋占星術のお話を。

川島真紀さんの出生の太陽には、発展・拡大の星「木星」と、核爆弾級のエネルギーを秘めている「冥王星」がアスペクト(角度)を作っています。
そのせいか、知り合って11年間の彼女の人生を見てきても、規模が違う!
自分で「こうしよう」と思って動くと、必ず何らかのサポートをしてくれる人が現れるし、それが尋常レベルではないお金持ちだったり、地位の高い人だったりするわけです。
もちろん、自分でやろうとすることの規模もデカイ!
「ええー!今度はそんなことになってるの!?」と
驚かされたことが何度あったことか!
私にとっては、ある意味とっても「楽しませてくれる」女性

そして実は彼女、私がリコネクションを受けるきっかけを作ってくれた方でも
あるのです

去年の1月、彼女のおウチでのパーティでのこと。
彼女から「ねぇ、リコネクションって知ってる? 私、去年の年末に受けたんだけど、すごい勢いで人生が加速し始めたんだよ。周りの人も人間関係もガラリと
変わっちゃって、私がやりたいと思っていたことに関する情報を持っている人や
サポートしてくれる人とは次々にグッドタイミングで知り合うし、
逆にある意味でマイナスになるような人は自然と離れて行ったの」
といった話を聞いて、その場で「私も受けたいっ!」と、すぐに
彼女が受けたプラクティショナーの方に連絡をとってもらったのでした。

一昨年の12月にリコネクションを受けてから、彼女の中で「自分の為すべきこと」がクリアになり、着々とそれを実現しているように感じます。

なんと9月には、念願だったエッセイ『夢をかなえる月の魔法』を
WAVE出版から出版予定だとか

今回の「美魔女コンテスト」も、「為すべきこと」を実現するための階段の一段
なのかもしれませんね。

「美魔女コンテスト」は、コンテスト開催期間中の総獲得ポイント数と、最終審査時の審査員のポイントでグランプリが決定するのだとか。

よろしければぜひ、川島真紀さんにご投票をお願いいたします。
投票はお一人様、1日1度できるそうです。

私も毎日忘れずに投票しちゃいますよ
魚の大群がっ!旦那様が新宿高島屋に出店していた、Blunoのちびたいやき(Sea Bream)を買ってきてくれました。
米粉が入っているのかな? 真っ白くて、噛むとお餅みたいにビヨーンと伸びます。中味は十勝あん、抹茶あん、チョコ、カスタードの4種類。オーブントースターで3分焼いて、
カリカリ、モチモチになったところを、おいしくいただきました。

さてさて、今日はプランジャパンと森永製菓が行なっている
1チョコfor1スマイル」のお知らせを。

4月30日まで、「DARS」や「小枝」シリーズなど対象の森永チョコレートを買うと、1個ご購入ごとに1円が、カカオ生産国「エクアドル」の子どもたちの教育支援のため寄付されます。

さらに「1クリック募金」ページからクリックすると、1日1回1円が、同じくエクアドルの
子どもたちの教育支援のために寄付されるそうです。

エクアドルは世界7番目のカカオ生産国ですが、ロス・リオス県ウルダネタ地区では、カカオ栽培に従事している人たちのほとんどが小規模農家で生産性が低い上、中間業者によって安く買いたたかれて、わずかな収入しか得られないのだとか。貧困は子どもたちの教育にも大きな影響を及ぼし、就学年齢の子どもたちの約2割が学校に通っていないのだそう。

今回集まった寄付は、プランジャパンが実施するプロジェクトに投入され、これによって
子どもたち約1,000人と教師約30人がよりより環境で授業を行なえるようになるといいます。長期的には、子どもたちが十分な知識を得て成長することによって、地域全体が貧困から
脱却していくことを目指しているのだとか。

プランジャパンでは、数年前からペルーの男の子一人を支援している私。
今回、そのプランジャパンからのお知らせメールでこの企画を知りましたので、
ぜひみなさまにも広く知っていただければと思い、こちらで紹介させていただきました



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。